働く看護師の声

M.Kさん(消化器外科・整形外科)

(2019年入職/都立広尾看護専門学校卒)


学校の就職説明で話を聞き、集合研修や患者体験など教育プログラムが豊富で夜勤自立までじっくりと学べる点が良いと思い、インターンシップに参加しました。当日ついてくれた看護師からも「急性期から緩和まで幅広く学べる」と聞き、病棟のアットホームな雰囲気も働きやすそうだと感じて選びました。

 

K.Kさん(消化器外科・整形外科)

(2017卒入職/飯田女子短期大学卒)


プライマリーで受け持った患者さんから「自宅に帰りたい」と言われ、合同カンファレンスを行いスタッフで協力して自宅に帰ることができました。退院時に涙を流して喜んでくれ、とても嬉しかったです。患者さんから「ありがとう」と言われるときは看護師として働いていてよかったと思います。

 

R.Oさん(呼吸器内科・消化器内科)

(2017年入職/松本短期大学卒)


入職時は看護技術を習得できるか、男性看護師として職場の雰囲気に慣れることが出来るか、不安がいっぱいありました。研修で基礎的な技術を学びながら実際に患者さんと関わることで、不安も自信に変わりました。大田病院は働きやすく男女の差は全く感じません。わからないことを相談しやすい環境を先輩たちが作ってくれています。自立してからも日々学ぶことがたくさんあり、患者さんに寄り添える看護師を目指して頑張っています。

 

M.Sさん(循環器科・腎臓内科)

(2016年入職/淑徳大学卒)


私はインターンシップと病院見学をした際に、雰囲気の良さに魅力を感じ当院を選びました。最初は看護師としてやっていけるのかと漠然とした不安がありました。しかしプリセプターの先輩は悩みや不安もフォローしてくれました。先輩達は非常に面倒見がよく「大丈夫?」「何か困っていることはある?」など声をかけてくれます。テキパキ働く頼れる先輩がたくさんいて今楽しく働いています。同期とは旅行に行くほど仲良くなれました!

 

T.Iさん(呼吸器内科・消化器内科)

(2015卒入職/松本短期大学卒)


同じ学校で同期入職の友人に勧められこの病院を知りました。インターンシップにきて、スタッフ同士や患者さんとの雰囲気が良く、手厚い研修制度に魅力を感じて入職を決めました。先輩後輩関係なく自分の考えを言い合える環境で、患者さんにより良い看護を提供できるように日々頑張っています。また、私は4か月育児休暇を取得しました。福利厚生が手厚く、プライベートも充実しながら働くことができています。

 

A.Uさん(消化器外科・整形外科)

(2014年入職/首都医校卒)


無料低額診療事業や差額ベッド代を頂かないなど「命の平等」守る医療に共感しました。またインターンシップの際に感じたアットホームな雰囲気に惹かれ入職しました。新人看護師として働きだす時には不安もありましたが、プリセプター制度により手技やケア等は自信をもち実施できました。また卒後3年間の研修が充実している為、基礎看護もしっかりと身に着きます。先輩後輩問わず職員同士の声かけも多くとても働きやすい職場です。

 

Y.Sさん(健診センター)

(2013年入職/自治医科大学卒)


私が大田病院を選んだ理由は、夜勤自立まで先輩看護師がついて指導してくれる制度があったからです。技術ができるようになったから一人で受け持ちをするのではなく、できることが増えても一緒に受け持ちをしてくれます。振り返りをすることで、技術はもちろん患者さんや家族への対応も学ぶことができました。先輩達は優しく、患者さんのことを相談すると一緒に考えてくれ、先輩に助けてもらいながら一人前の看護師になれました。

 

Y.Tさん(呼吸器内科・消化器内科)

(上武大学卒)


出産後、夫の転勤で東京に来ることになり、子育て中でも働きやすそうな病院を選びました。入院中、病気のことや入院中の生活について不安のない患者さんはいないと思うので、できる限り笑顔で柔らかい印象を与えられるよう声掛けをしています。また、地域に密着した病院で住み慣れたところに戻れるよう退院支援に力を入れています。

I.Tさん(消化器外科・整形外科)


もともと両親がこの病院で働いていました。患者さんの病気を社会的背景も含めながらみているということを聞き、素晴らしいなと思いました。また、スタッフ同士の和やかな雰囲気にひかれ入職を決めました。今は子育てをしながら、入院生活という非日常を過ごす患者さんのストレスや思いに寄り添って話を聞くよう、日々心掛けて看護にあたっています。

 

N.Fさん(回復期リハビリテーション科)


引っ越しして病院を探していたとき、とても働きやすそうな雰囲気と思い入職しました。思った通り、職場の中で声を掛け合ったりして働きやすい職場でした。現在、回復期リハビリ病棟にいますが、退院支援をして自宅に帰った患者さんが、時々元気な顔を見せに来てくれるのが嬉しいですし、とても励みになります。(現在、来院制限中です)