看護師 奨学金制度 | 東京都大田区

看護師 奨学金制度

人の役に立ちたい、やりがいのある仕事に就きたいと看護師を目指す人が増えています。しかし、看護専門学校や看護大学の授業料は年々高くなり、ローンや奨学金を借りて、且つアルバイトもしながら学生生活を送っている学生も少なくありません。一方で、看護教育はたくさんの分野を学ばなければならず、実習期間も長いのでアルバイトをする余裕はあまりない状況です。大田病院はそんな学生を応援するために奨学金制度を約20年前につくりました。ずっと大切にしている「いのちの重さはみな同じ」という理念で看護をしている大田病院の奨学生にぜひなって下さい。

対象者 看護師養成学校に在学中または入学が確定している方で、城南福祉医療協会の目指す医療・看護に共感し、卒業後に大田病院への就職を希望される方が対象です。
※条件が合えば、どなたでも利用できます。
支給金額 毎月5万円 ※返済免除制度あり。
期間 看護学校に入学から卒業までの期間です。学年途中からの給付も可能です。
返済免除制度 月額の5万円は貸与期間と同期間、大田病院で正看護師として働いていただくと返済免除になります。
他の奨学金との併用 当院の修学資金(2~6万円)、日本学生支援機構、東京都修学資金などと併用できます。

 

奨学生活動ってなにをするの?

国家試験や卒論の相談など、担当の看護師がフルサポートします。
秋から始まる国家試験対策セミナーでは、大田病院の医師と看護師が過去の問題を分析し、病態を丁寧に解説します。弱点克服のために活用してください。
大田病院の奨学生ネットワークで、学生同士で励ましあい、国家試験全員合格を目指します。

入職前から先輩や同期になる学生と知り合えるので心強い!
ミーティングで国家試験勉強会などやりたいことが決められる!

奨学生インタビュー

勉強を支援してもらったことで国家試験は絶対に受かろう!と、良い意味で緊張感を保てたと思います。
A.S.さん(出身校:山梨県立大学)

大学3年生のときに、大田病院のインターンシップ・施設見学を受けて、「アットホームで素敵な病院だな」と感じて、奨学生になりました。私が奨学生になって間もなく、コロナ禍の影響を受けてミーティングがオンライン形式となりました。奨学生同士で直接交流できなかったのは残念ですが、多くの学びを通して、私の看護学生としての成長を手助けしてくれるものだったと思います。
奨学生ミーティングでは、社会で起こっていること、実際の患者さんの実態等、学校では学べないことを知って視野が広がりました。国試セミナーは、医師や看護師の方々から解説を聞けて、わかりやすかったです。時間を有効に使えましたし、勉強を支援してもらったことで国家試験は絶対に受かろう!と、良い意味で緊張感を保てたと思います。
 

いくつかの病院案内を比較したなかで、大田病院は、差額ベッド代をもらわず、平等な医療を基本方針としているところ等に魅力を感じて志望しました。
K.N.さん(出身校:久喜看護専門学校)

私は、看護学校に入学した春から、大田病院の奨学生になりました。社会人経験をへて看護学校へ進学したので、学費はできるだけ自分で支払いたいと思ったからです。
いくつかの病院案内を比較したなかで、大田病院は、差額ベッド代をもらわず、平等な医療を基本方針としているところ等に魅力を感じて志望しました。
実際に奨学生になってからは、ミーティングで他の奨学生と交流できて、友だちがつくれたことがよかったです。自分の学校だけでなく、東京や全国の奨学生と交流できるイベントもあり、私はそこで実行委員になったので、他の病院の方々と関われて楽しかったです。看護学校での実習等は大変ですが、奨学生同士のつながりが励みになって乗りこえられた部分も大きいと思います。
また、奨学生ミーティングや国試の勉強会で、入職する前から大田病院に行っていたので、施設や雰囲気を知ることができてよかったです。その体験があったので、新卒で配属されたときにも緊張しすぎることなく働き始めることができました。
 

<奨学生になるか迷っている学生さんへメッセージ>
「晴れて看護師になり入職したら、職場の先輩方は優しい人ばかりです。大田病院は親切な人が多いので、自信をもってオススメできます。ぜひ考えてみてください。」

看護師奨学金に関するよくあるご質問

Q.奨学金を検討中です。資料を見たいのですが、どうすればよいですか?

A.インターネットから資料請求できます。大田病院看護師募集サイトのお申し込み・お問い合わせフォーム お申し込み・お問い合わせフォームより、ご請求ください。病院のパンフレットや募集要項もご一緒にお送りします。

Q.奨学金について、くわしく説明を聞きたいです。

A.現在(2021年5月時点)、新型コロナウイルス感染予防のため、オンラインで説明会を行っております。
オンライン病院説明会・奨学金説明会についてはこちら≫

Q.奨学金の応募は、どのようにするのですか?

A.まずは資料請求をしていただき、病院・奨学金説明会を受けていただきます(未成年の方は保護者の方の同席が必要です)。その上で、書類(履歴書など申請書類・小論文)と面接による選考をおこないます。

Q.奨学金は、誰でも申し込みできますか?資格や条件などはあるのでしょうか?

A.看護師養成学校に在学中または入学が確定している方で、城南福祉医療協会の目指す医療・看護に共感し、卒業後に大田病院への就職を希望される方が対象です。卒業年度の学生だけでなく、低学年の方もお申し込みできます。

Q.社会人でも奨学金を借りられますか?

A.看護師養成学校に進学して看護師を目指す方で、卒業後に大田病院への就職を希望される方でしたら、応募は可能です。

Q.病院を見学したいのですが、可能ですか?

A.通常でしたら病棟体験をしていただくのですが、現在(2021年5月時点)はオンラインでの説明会を行っており、院内の様子は写真等でお見せしています。オンライン病院説明会・奨学金説明会の日程やお申込みはこちら≫

Q.奨学生の募集は、現在も行っていますか?

A.日々更新されていますので、大田病院 看護学生室までお問い合わせください(直通電話:03-3762-2954)。大田病院看護師募集サイトのお申し込み・お問い合わせフォーム お申し込み・お問い合わせフォームもご利用いただけます。お問い合わせには、メール等で回答をさしあげます。

Q.すでに学生支援機構などから借りているのですが、それでも応募できますか?

A.はい、他の奨学金制度との併用も可能です。ご応募の際には、書類と面接により選考・審査をさせていただきます。

Q.奨学金の「返済免除制度」とは、どういうことですか?

A.奨学金をもらった期間と同じ期間、大田病院で看護師として勤務すれば返済不要となる制度です。

Q.准看護師の学校に通っているのですが、奨学金を受けることはできますか?

A.申し訳ありませんが、准看護師の新卒採用は行っておりません。准看護師の資格を取得されたあと、正看護師を目指して進学される方で、看護師養成学校への進学が確定している方は対象となります。

Q.年度の途中でも奨学金に応募することはできますか?

A.はい、可能です。奨学生の募集は随時承っております。看護学校に入学から卒業までの期間で、学年の途中でも申請できます。ぜひお気軽に説明会にご参加ください。

Q.奨学金はいくら支給されますか?

A.毎月5万円です。奨学金をもらった期間と同じ期間、大田病院で看護師として勤務すれば返済免除になります。この奨学金とは別に、「修学資金制度」もあります。

Q.「修学資金」とはなんですか?奨学金との違いは?

A.毎月2~6万円(1万円単位で選択可能)の貸付制度です。修学資金は、返済免除はありません。大田病院に就職後、借りた分を利息1%と一緒に返済していただく制度です。

Q.未成年なのですが、自分で応募してもよいのでしょうか?

A.未成年の方は、保護者の方(連帯保証人になる方)も一緒に説明会に参加していただく必要がございます。説明会のお申し込みやお問い合わせは、大田病院看護師募集サイトのお申し込み・お問い合わせフォーム お申し込み・お問い合わせフォームより受け付けています。わからないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

Q.奨学金はいつから支給されますか?

A.奨学金の支給は、早くても入学年の4月からです。入学年の4月以降に申請した場合は、面談・書類提出が完了し承認がおりた月から開始となります。

Q.応募してから奨学生になるまでの流れを教えてください。

A.オンライン病院・奨学金説明会→申請書類提出→面接・小論文→審査→承認という流れになります。ご不明な点などがありましたら、お気軽に大田病院看護学生室までお問い合わせください(直通電話:03-3762-2954)。大田病院看護師募集サイトのお申し込み・お問い合わせフォーム お申し込み・お問い合わせフォームもご利用いただけます。お問い合わせには、メール等で回答をさしあげます。

奨学金制度に関するお問い合わせ

大田病院 看護学生室
担当:井町/佐藤
〒143-0012 東京都大田区大森東4-4-14
TEL:03-3762-2954(直通・FAX)
TEL:03-3762-8421(代表)