新着情報
2021.08.26

☆オンラインインターンシップ開催しました☆

大田病院のインターンシップは、実際に病院に来て現場の看護師といっしょに動くことで雰囲気を直に感じていただいています。

現在はコロナ禍のため中止していますが、少しでも当院の雰囲気を知っていただきたい!と、この夏はじめてオンラインで開催しました。

8月に4日程開催し、23卒の看護学生さん9名が参加されました☆

開催の様子や、アンケートに寄せられた参加者の感想をご報告します☆

☆先輩ナースより看護事例のお話
先輩ナースが毎回2名参加し、看護事例をお話しました。
ターミナルの患者様の事例、他職種がかかわり自宅退院をかなえた事例、在宅看取りの患者様、救急外来でのコロナ陽性患者様への対応など、実際のさまざまな看護事例をパワーポイントにまとめて、ご紹介しました。(すべての事例は個人が特定されないよう配慮し、看護師の関わり方を中心にお話しています。)

▶事例を聞いての感想
患者の生活や思いを大事にされていることが分かり、感銘を受けました。退院調整のお話では、患者だけでなくご家族も視野に入れた支援を行っていることを知り、すごいなと感じました。

患者さんの希望を病院という制限のある中でもできる限り叶えられるよう支援することが大切であると感じました。

終末期の患者さんにとっての個別性のある看護が、人生を少しでも悔いなく終えることにつながると感じた。

実際の患者さんとの関わりや関係性などをよく知ることができました。どのように患者さんと向き合ったら信頼関係を築けるのか、これからの実習や就職に向けてもっと考えていこうと感じました。

☆先輩ナースとの座談会
トークタイムでは「1年目で大変だったことは?」「県外・地方からどのくらい来ていますか?」「患者さんとのコミュニケーションで工夫していることは?」「求める看護師像は?」など、さまざまな質問に先輩ナースが答えました。

▶トークタイムの感想
看護師になった理由や、コミュニケーションにおいて大事にしていることが聞けて勉強になりました。特にコミュニケーションの取り方は、これからの実習で患者さんと話すときに生かしたいと思いました。」

緊張してあまり上手く喋れなかったのですが、雰囲気がとても和やかで優しく答えていただいて嬉しかったです。

学生が質問しやすい雰囲気があり、つたない質問にも誠意をもって答えていただいたという印象を持ちました。」 

先輩の看護師の方と話す貴重なお時間を作っていただき、さまざまな専門分野の看護師の役割について知り、自分の視野が広がりました。

オンラインで当院の特色・魅力がどこまで伝わるか手探りでしたが、参加者のみなさまは私たちの想定以上に多くのことを学びとってくださいました。

「患者さんの思いや不安に寄り添える看護師になりたい」「この人になら、と頼ってもらえるような看護師になりたい」と話す姿はとても頼もしく、ぜひ大田病院に来ていただきたいと思いました。

ご参加ありがとうございました!

☆オンライン病院説明会開催中です。今回参加できなかった方、もっと詳しく聞いてみたい!という方、ぜひお申し込みください。
日程はこちら>>

☆2022年卒は採用定員まであとわずかです。お申し込みはお早めに。
お問合せ・お申込みフォームはこちら>>